【埼玉】とっても美しい!龍泉寺の切り絵の御朱印

お参りの証としていただく御朱印ですが、最近ではいろいろ趣向が凝らされているものも多くなってきました。

今回ご紹介する龍泉寺はなんと切り絵の御朱印をいただけることで知られています。

「切り絵御朱印」発祥の寺として有名な龍泉寺とはどんなところなのでしょうか。

今回は、そんな龍泉寺を少しだけでもご紹介したいと思います。

特別な限定御朱印、お守りを探している方にとっても、龍泉寺はおすすめです!

目次

龍泉寺の歴史・成り立ち

龍泉寺本堂

龍泉寺は、今から約1,200年前の永禄年間(平安時代)に小此木紀伊守が開基、心海法印が開山となり創建したといわれています。

境内は、約五千平方メートル、本堂は昭和九年に改築、観音堂は延享四年(一七四七)、仁王門は天保三年(一八三二)、山門は天保四年、鐘楼は明治初年、水屋は明治十四年の建立とされています。

関東三十三観音霊場29番、関東八十八ヶ所霊場83番、忍領三十四所29番、幡羅郡八十八ヶ所霊場38番、彩の国武州路十二支霊場子と多くの札所ともなっています。

龍泉寺の特徴

f:id:sasya_so:20201228223615j:image
花手水の御朱印帳

厄除け開運大師として「厄除け金色大師」と「開運金色大師」を本尊として祀られています。

関東で唯一の厄除けと開運の両大師を祀っていることから、厄除け、方位除けと同時に大開運の祈願も賜わることが可能であり、毎日多くの参拝者が訪れています。

そしてメインの御朱印です。切り絵の限定御朱印は春・夏・秋・冬と初詣と年に何度かに分けて行われています。

f:id:sasya_so:20201230104303j:image
切り絵の御朱印

切り絵の御朱印は、御朱印帳に透かすと影が出来てとても綺麗。空に透かすとそれはもう美しすぎて輝いてますねw

さらには特別な限定御朱印として、なんとホログラム御朱印も登場しました!こちらももう行列必至ですね。

いずれも手作業での数量限定とのことですので、本当に人気の御朱印となっています。

切り絵以外の御朱印でも月替りの花手水御朱印、通常の御朱印も仏像ごとに4種類頒布していますので、授与所の前でどれにしようかと決めるだけでも楽しみがあふれます。

f:id:sasya_so:20201230105320j:image
花手水の御朱印

アクセス

■電車の場合
JR湘南新宿ラインで籠原駅下車
籠原駅南口よりタクシーで5分。

■車の場合
関越自動車道花園ICから国道140号線を熊谷・深谷方面に10分ほど直進すると、「埼玉厄除け開運大師」の大きな看板が見えますので、左折して駐車場へ停めることができます。

おわりに

こちらの龍泉寺は、特に初詣では「厄除け開運本山」として、厄除け・方位除け ・開運と大変な賑わいを毎年見せています。

また、限定特別お守りの「大開運守」は、開運金色大師の力が込められているとされており、あらゆる願い事にご利益があるといわれています。

厄除けと開運祈願もさることながら、切り絵の御朱印は、唯一無二のまさに世界にひとつだけの美しさを感じることができました。

私も使っている「お賽銭用のミニがま口」と「御朱印帳保管ケース」です↓↓ (๑>◡<๑)カワイイ!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

最後まで読んでいただきありがとうございます。よろしかったらシェアをお願いいたします (◍•ᗜ•́)✧
目次
閉じる