【東京】屈指のあじさいの名所!東京十社のひとつ白山神社

文京区白山の地名の由来ともなった白山神社。「東京十社」の一つでもあり、とても由緒ある神社です。

縁結びや商業、変わったところでは虫歯予防のご利益が有名な神社ですが、6月になると境内いっぱいに咲き誇る紫陽花の名所としても知られています。

今回は、そんな白山神社を少しご紹介できればと思います。

目次

白山神社の歴史・特徴

本殿とあじさい(2021.6.3)

それでは少しお堅く白山神社の成り立ちなどから。

文京区白山神社は、加賀の白山比咩神社から武蔵国豊島郡本郷元町(現在の本郷1丁目)に、勧請された天暦2年(948年)が創建とされています。

全国にある白山神社は、白山比咩神社から地域を越えて祀られた御宮が多いといわれています。

白山神社は江戸時代、徳川秀忠の時に巣鴨へ一度遷座されましたが、再度、徳川綱吉により現在の場所へ遷されました。

その後、明治時代に入り、東京の鎮護と万民の平和を祈る元准勅祭社として、白山神社は「東京十社」のひとつに定められています。

地下鉄の出口を一歩外にでるとすぐに鳥居が見えるほどの駅近です。

境内にあふれんばかりの色鮮やかなあじさい

境内に咲き誇る色鮮やかなあじさい(2021.6.3)

梅雨のじめじめ嫌ですよね。初夏ともいえるこの季節は、毎年、暑さと湿気のダブルパンチでノックアウト寸前ですw

そんな梅雨時期の風物詩ともいえるあじさい。湿気で思考がめぐらない状態であっても、色鮮やかなあじさいを眺めるだけで清々しい気分になってきます。

東京屈指のあじさいの名所ともいわれる白山神社では、約3,000株の多様なあじさいがあります。

鳥居をくぐって一歩境内に入った瞬間から目が覚めるような色鮮やかなあじさい景色が飛び込んできます。

隣接する白山公園も見事なあじさいの花が毎年咲いており、白山神社と合わせて楽しむことができます。

期間中は、あじさいが咲き誇る富士塚も限定で一般公開され、多くのひとびとが富士塚に登りお詣りをします。

富士塚を下から撮影(2021.6.3)

※2021年は富士塚登山は中止となっています。

白山神社の御朱印

受付時間は9:00〜16:00です。

書き置きの御朱印となっており、社務所でいただけます。

こちらは以前、いただいた御朱印

アクセス

都営三田線「白山駅」 徒歩2分
東京メトロ南北線「本駒込駅」 徒歩7分

まとめ

先日、お参りした白山神社のご紹介でしたが、富士塚の閉鎖やあじさいまつりも中止となっており、例年にくらべ少し寂しい印象は否めませんでしたが、咲き誇るあじさいの花は相変わらず圧巻でした!

梅雨のじめじめを振り払うためにも、ぜひ一度参拝されることをおすすめします。

私も使っている「お賽銭用のミニがま口」と「御朱印帳保管ケース」です↓↓ (๑>◡<๑)カワイイ!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

最後まで読んでいただきありがとうございます。よろしかったらシェアをお願いいたします (◍•ᗜ•́)✧
目次
閉じる