【東京】スーパースターのご利益は如何に!小野照崎神社

台東区にある小野照崎神社にお詣りに行ってきました。

こちらは、小さいながらも多くの御祭神が祀られており、「学問」「仕事」「芸能」「恋愛」etc… といくつものご利益を得ることができるパワースポットとしても有名です。

毎月2種類変更される限定御朱印はとても美しく、ホームページもとても綺麗で、一度行ってみたいと思っていました。

今回は、そんな素敵な小野照崎神社をご紹介したいと思います。

目次

歴史・成り立ち

本殿

小野照崎神社は、852年(仁寿2年)上野照崎に小野篁公を奉斎したのが起源といわれています。

その後、江戸幕府による寛永寺の建立とともに現在の地に遷宮されています。

江戸時代には、学問の神様である菅原道真公も御祭神として相殿に遷座され、境内には他にも 15柱の神様が鎮座されています。

御祭神である小野篁公はまさに現代のスーパースターといえる才覚の持ち主。平安初期に実際に存在した公卿であり政治家です。

小野篁公は、小倉百人一首には「参議篁」の名で収録されており、和歌の腕前は随一で、和歌のみでなく漢詩、書道、絵画にも秀で、その他巨躯を生かした武芸、法律に精通した政務運営にも優れた才能を発揮したといわれています。

特徴

富士塚

1828年(文政 11年)「下谷坂本の富士塚」として建造された重要有形民俗文化財にも指定されている富士塚が有名です。

毎年 6月30日と 7月1日は、境内に鎮座される浅間神社の例祭日にあたり、天明年間(1782年)に築山された富士塚もこの 2日間だけ登拝することができます。

この富士塚は、高さ約 6メートルに及び 360度全てが富士の溶岩石でつくられているといわれ、まさに富士山の分身ともいえる山となっています。なんと築山されてから 230年も経っているというから驚きです!

参道

また、俳優の故渥美清さんが、この神社で願掛けをしたことでも有名です。

その願掛け後に、映画「男はつらいよ」シリーズの主演に選ばれています。

ただし願掛けは「nopain nogain」「何かを手に入れたかかったら何かを我慢しなければいけない」。ハッとさせられる慣用句?ですね。

真剣に何かをするとき、仕事、学問、何でもそうですが、上を向いて口を開けているだけは何も得られません。天から食べ物もお金も降ってきませんからね(笑)行動あるのみです。自戒を込めて。

御朱印

特別御朱印

毎月2種類の限定御朱印を月替りで授かることができます。これは毎月行かねばなりません!

アクセス

東京メトロ日比谷線 入谷駅:4番出口より徒歩3分
JR山手線 鶯谷駅:南口より徒歩7分

授与時間:9時〜16時
駐車場:ご祈祷の方のみ境内に駐車可

おわりに

以上、小野照崎神社のご紹介でした。いかがだったでしょうか。

この他にも、織姫稲荷神社、猿田彦命をお祀りした庚申塚、狛犬を始めとした、猿・狐・狼・獅子・鳳凰・龍・鶴など、沢山の神使像として 20体以上の彫り物などが境内にあります。

御朱印やお守り、ご祈祷についてもまだまだご紹介したいものがたくさんあります。季節の祭事イベントもたくさん行われており、何度でも足を運びたくなる神社です。

皆さんも、ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。

私も使っている「お賽銭用のミニがま口」と「御朱印帳保管ケース」です↓↓ (๑>◡<๑)カワイイ!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

最後まで読んでいただきありがとうございます。よろしかったらシェアをお願いいたします (◍•ᗜ•́)✧
目次
閉じる