【京都】鬼滅の刃の新聖地?イノシシ縁の護王神社

足腰にご利益があるという京都の護王神社。

フィギュアスケート選手やその選手のファン等がたくさん訪れる神社でも有名です。また「鬼滅の刃」にもゆかりがあるということでますます人気になったのだとか。

そして、実際にご利益があったという人が結構いるパワースポットとしてのご利益の由来を含めて、今回はご紹介いたします。

目次

歴史・成り立ち

護王神社の御祭神は和気清麻呂公命(わけのきよまろこうのみこと)です。

和気清麻呂公は、戦前の十円札に肖像画が印刷されるほどの人物です。

最高指導者の命令であっても、理不尽な指示には従うことなく、信念をつらぬき、ピンチに屈せずチャンスをモノにして出世を遂げ、「神様」にまで上り詰めた人のようです。

和気清麻呂公命

麻呂公は、弓削道鏡という僧によって足の腱を切られたうえ、今の鹿児島県に流されることになります。

その道中、突如、300頭ものイノシシが現れ、清麻呂公の輿の周りを護りながら約 40kmもの道のりを案内し、無事案内し終わると、またどこかへ去っていったという故事があるのです。

そして、驚くことに、清麻呂公の足も完治していたというのです。

行きは輿で移動をしなければならないほどだったにもかかわらず、帰りは馬を駆るほどまでに回復していたというのですから驚きですね。

このことから、イノシシが護王神社のシンボルとなり、足腰の健康安全・病気や怪我の快復に格別のご利益があるとされているのですね。

拝殿

そしてもう 1柱は、和気広虫姫命(わけのひろむしひめのみこと)。清麻呂公のお姉さんです。

「他人の悪口を言うことがない」と清麻呂公と同じく天皇から厚く信頼されていた女性です。

思いやり深く、身寄りがいない子どもたち 100人近くも養子として育てられたことから、子育て・保育の神様とされています。

特徴

護王神社は見渡せばイノシシだらけ。

もちろん、狛犬ではなく狛イノシシです。

足をピンと伸ばしている様子なんてみると本当、足強いんだなぁ。って思っちゃいますね(笑)

その他にも「ぜんそく封じの木」や「イノシシコレクション」等があり、そんなに広い境内ではないですが、見どころがたくさんあります!

その他には、護王神社の手水舎はイノシシ。そのイノシシの鼻を撫でると幸せになることができるのだとか。

手水舎

また、表門の北側には護王神社のご神木・カリンの木があります。

公式ホームページによると樹齢 100年を超えるようで、京都の巨樹名木 100選にも選ばれた樹のようです。

御神木

カリン酒がぜんそくの治癒に効果があるということで、「ぜんそく封じのカリンの木」とされています。

官職お守りを買って実際に昇進したひとがいるらしくおすすめとのことです。仕事用のバッグなどに付けるのが効果的ですね。

「官職御守護」には、リストラや左遷・クレーム等のトラブル除けの御守りもあります。

もちろん、その他にも足腰の御守り等もありますので、参拝記念・祈願成就に買ってみるのもいいでしょう。

その他にも、かわいいイノシシみくじがあります。

キュートなイノシシの中におみくじが入っており小さいので、おみくじをひいた後は玄関などに置いておくのもいいと思います。

御朱印

御朱印

力強いイメージがある御朱印となっています。

何かすごいパワーをもらえそうですね。

書いてもらえる御朱印は通常の御朱印 1種類です。

ただ京洛八社集印めぐりの御朱印を集めている方はそちらの御朱印も書いて頂けます。

またそれぞれ書き置きではなく、直接書いてもらうことが出来る御朱印になります。

初穂料は 500円。御朱印帳は赤と青の 2種類がありますが、柄は同じです。

表にはイノシシとカリンの花が、裏には御神紋が刺繍されています。

アクセス

地下鉄烏丸線:丸太町駅下車 北へ徒歩 7分
市バス51系統:烏丸下長者町停下車すぐ

おわりに

参拝時間の目安は、人によって違うとは思いますが、決して広くはないので 30分あれば充分だと思います。写真を撮ったりイノシシコレクション等をじっくり見たりしても 60分あれば充分でしょう。

新たな「鬼滅の刃」の聖地として話題になっている護王神社。ご利益を授かりに皆さまも一度訪れてみてはいかがでしょうか。

私も使っている「お賽銭用のミニがま口」と「御朱印帳保管ケース」です↓↓ (๑>◡<๑)カワイイ!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

最後まで読んでいただきありがとうございます。よろしかったらシェアをお願いいたします (◍•ᗜ•́)✧
目次
閉じる