【東京】上野近辺の神社を一日で巡る!元三島神社、小野照崎神社、三島神社、下谷神社

今回は、少し前になりますが、鶯谷にある「元三島神社」から上野の「下谷神社」まで、ぐるりと歩いてお詣りした際のご紹介になります。

鶯谷から上野までは山手線で一駅ですが、とても近いので歩いてでも十分移動は可能です。

しばらくぶりの上野でしたので、とても楽しめました。

目次

元三島神社

まずは、元三島神社から、鶯谷駅からほんの5分くらいの場所にあります。

元三島神社の特徴としてご存知でしょうか? 実は 神社を守っている犬たち(失礼!)の名前が違うんです。

左側にいる口を閉じている方は狛犬で、右側にいる口を開けている方は獅子です。

びっくりですね! 両方狛犬だと思ってました(汗)

他にも春先でしたの、白梅、紅梅がとてもキレイでした。

以下はこちらで頂いた御朱印です。

3月 3日には桜の印が付いた御朱印を頂けるとか。仕事がなければ行けたのですが残念。

小野照崎神社

次に向かうは小野照崎神社です。元三島神社からは 10分ほどで行けます。こちらは2回目のお詣りです。

フクロウの幸せみくじがとても可愛いです。

こちらでは可愛い御朱印がいっぱいあるのでついつい沢山買ってしまいます。

謹賀新年、初詣用の御朱印

謹賀新年、初詣用の御朱印

「わたの原 八十島かけて 漕ぎ出でぬと 人には告げよ 海人の釣船」とは、参議篁の名歌が詠まれた時代背景だそう。

梅花、特別御朱印

2月の梅花、特別御朱印

「花の色は 雪にまじりて 見えずとも かをだににほへ 人のしるべく」、小野篁公の和歌が書かれています。

「遥拝」特別御朱印

『遥拝』特別御朱印

遥拝とは遠くから離れた所から神に祈りを捧げることだそうです。ソーシャルディスタンス!離れたとこから祈ります。どうか早くコロナに勝つように!

月参りの御朱印

文鳥と梅の花があしらわれてます。

2月の月参りの御朱印

どれもステキな御朱印ですね。御朱印と、一緒に可愛いクリアケースと御朱印の説明書きも頂きました。

三島神社

ここからまた 5分ほど行った所にあるのが、落ちないお守りを授かれる東京下谷の三島神社です。

雷の多い街から雷を封じ込め守ったという井戸のある神社です。

「落ちない」伝説の雷井戸ゆかりの三島神社では「不落守」(おちないまもり)が大変人気です。

売上が落ちない、業績が落ちない、試験に落ちない、運気が落ちない、人気が落ちない、雷が落ちない、舞台から落ちない、山から落ちない、高い所から落ちない、選挙で落ちないなど、落ちないシリーズ(また失礼!)はたくさんありますね。

最強のご利益をいただけるとされています。

こちらで頂いた御朱印がこちら。

火除稲荷のお稲荷様のスタンプが可愛いです。こちらも月ごとにデザインや色がかわるそうです。

下谷神社

そして最後に下谷神社へ、三島神社から歩いて 20分くらいですね!

こちらも、毎月 1日は特別御朱印が頂けます。

お狐様のスタンプがステキなのです。

※自粛規制が無くなるまでは中止だそうです。

おわりに

今回の上野近辺の御朱印めぐりいかがだったでしょうか。

今回も沢山の御朱印を頂けることができました。いい散歩になりました。

他にも上野は神社仏閣がたくさん建立されています。また近いうちにレポートができればと思います ♪( ´▽`)

※すべてお詣り当時の情報となります。現在は変更されている場合もありますので、詳しい情報については各神社へお問い合わせいただけると助かります。

私も使っている「お賽銭用のミニがま口」と「御朱印帳保管ケース」です↓↓ (๑>◡<๑)カワイイ!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

最後まで読んでいただきありがとうございます。よろしかったらシェアをお願いいたします (◍•ᗜ•́)✧
目次
閉じる